清水 澪(44歳)

T167.B.90(F) W.60 H.89

妖姿媚態!艶かしく美しい姿に大人の色香が漂い、 コンサルティングファームではアソシエイトディレクターとして活躍中!妖艶と知性のマリアージュがとても愛らしくエロい奥様

REGULAR

パーソナルパーソナル

Since
2021-12-01
Status
国立大卒元教師

女性からのメッセージ女性からのメッセージ

私は、「一期一会」という言葉が大好きです。すれ違う時のなかで、偶然にもお逢いできた貴方との出逢いが、ドキドキするような心ときめくひとときとなりますようにといつも願っています。 そしてひとつひとつの出逢いを大切に心の中に綴りながら、自分自身も美しく輝いていたいと思っています。 好奇心旺盛な私は、「百見は一行にしかず」をモットーに、チャレンジすることが好きです。そのなかでのさまざまな体験をとおして、素直に喜んだり感動したりしながら自分自身も少しずつではありますが成長していることを、日々感じています。もしかしたら見た目とは違い子どもっぽいのかもしれません。 そんな活動的な面とはうらはらに、ひとり静かに過ごす時間も好きです。読みたい本があれば読書にふけり、自分の感じたことを表したい時はペンを執ったり、素晴らしい音楽に触れた時は拙い技量ではありますが、ピアノを弾いたりしています。素敵な貴方と熱いひとときを過ごした時はどうなるのかしら? 一瞬一瞬の心のときめきの積み重ねが、より人生をキラキラと輝かせてくれるものだと信じています。どんな時でも、素直に感じる清らかな心を持って、彩り鮮やかな日々を過ごしたいです。 こんな感じやすい私のココロとカラダを、優しく包みこむようにエスコートしていただけたらとても嬉しいです。 素敵な貴方からのお誘いを心待ちにしています。

一週間の出勤表一週間の出勤表

01/17(MON) 01/18(TUE) 01/19(WED) 01/20(THU) 01/21(FRI) 01/22(SAT) 01/23(SUN)
15:00 - 19:00
BEFORE
13:00 - 19:00
BEFORE
13:00 - 19:00
BEFORE
10:00 - 19:00
BEFORE
10:00 - 19:00
BEFORE

写メ日記写メ日記

  • 清水 澪

    極上のおとな時間

     そこは、賑やかな場所にあるということを忘れさせてくれるような、静かで落ち着いたBARでした。
    こんな場所をおそらくおとなの隠れ家というのでしょう。
    BARといえば、鮮やかな色のカクテルとドレスが似合うドラマティックなイメージを想像してしまいますが、ここは日本酒オンリーのBARでした。

     日本酒のCMには、和服を着た女優さんが粋な感じでよく登場します。
    当たり前のことかもしれませんが、日本酒には純粋に「和」が似合うように思います。
    このお店はカウンターだけを見ると普通のBARのようですが、後ろの格子戸や桟敷席のような畳の席、他にもところどころに奥深い「和」の味わいを醸し出していました。
    モダンの中に古風な「和」が融合した見事な空間でした。

     グラスに注いでいただいた日本酒は、八重垣の無濾過生原酒。
    瀬戸内の穏やかな気候が播州の地にもたらした米と水、その豊かな恵みを丹念に仕込んで最初に醸した新酒です。
    しぼりたてならではのフレッシュで豊かな味わいに、しだいに心が洗われていくようでした。
    新酒色で満たされた限りなく透明に近いグラスが、和の空間にとてもよく馴染んでいました。

     美しく静かなこの潤いある世界は、やはりおとなの空間です。
    ワイワイガヤガヤとした騒々しいものが一切排除され、ゆっくりと艶やかに時が流れていきます。
    こんな時は肩がふれ合うくらいの、そして話をする時には息がかかるくらいの距離をとても心地よく感じます。
     リズミカルに語り合う言葉、微笑み合う静かな声、触れ合うグラスが奏でる音、それらをBGMにしながらのほろ酔いのひととき、それは極上のおとな時間でした。

     シリアルナンバーが入った木札には、杜氏の酒造りに対するこんな思いが記されていました。
      酒は心でつくるもの
      酒づくりは仕事ではない愛情だ
      今年も蔵人にありがとう
      感謝を込めた新酒ができました

     心、愛情、感謝。
    酒づくりには、人づくりそして極上のおとな時間にも通じるものがありました。

過去記事へ